学校のカイダン 主演は本当は別の人だった?誰なの?

この記事は2分で読めます

1月から始まったドラマ「学校のカイダン」。
主演は16歳の広瀬すずが務めていますが、本当は別の人物が主役を務めるはずだったそうです。
その人物とは誰なんでしょうか?



スポンサードリンク

スポンサードリンク

学校のカイダンとは?

学校のカイダンは、生徒会長を押しつけられた女子高生が天才的スピーチライターに導かれ、学校に革命を起こしていく物語を描いたドラマです。
すでに第1話が放送されてます。

第1話の視聴率は?

学校のカイダン第1話の平均視聴率は9.0%だったそうです。
ドラマなら最低でも二ケタは欲しいでしょうからこの数字では不満でしょうね。

視聴者の評価や感想は?

学校のカイダン第1話を観た視聴者の評価や感想は厳しめのものも多いですね。
ドラマに登場する「プラチナ8」「花より男子のF4」と酷似しているということでパクリ疑惑も出ているみたいです。
他にも似ている演出がいくつかあるということで、否定的な意見が出ているみたいです。

私は録画してまだ観れていないのですが、ドラマの設定が珍しいものだったので期待していたのですがどこかのドラマと似ているようだと「学校のカイダンらしさ」がなくなってつまらなく思えてしまいますね。
設定が独特なんだから演出なんかも工夫すればいいのに。。。

ただ出演者はかわいい子が多いということなので期待しているのですが。
(参考記事)⇒ 学校のカイダンのキャストが美少女だらけ?出演者をまとめてみた


スポンサードリンク

スポンサードリンク

主演は誰の予定だった?

さて本題に入ります。
この学校のカイダンですが主演は広瀬すずではなく、別の人物が務めるはずだったそうです。
引用元が東スポwebなのでどこまで信じるかはお任せしますが、それが事情によりボツになったため、広瀬すずが抜擢されたらしいのです。

ではその人物とは誰なんでしょうか?

東スポwebによれば、その人物とは能年玲奈だそうです。

「実は1月クールの連ドラ『学校のカイダン』に主演が内定していたんですが、土壇場になって突然「高校生役はできない!」と事務所が断ってきた。
能年主演で話を進めていただけにスポンサーへの事情説明に追われた日テレサイドは事務所に抗議したそうです。
今後日テレのドラマからは出演オファーがなくなるかもしれません」(関係者)

(東スポwebより引用)

という記事からわかるように能年玲奈の所属事務所がドタキャンしたために代理の主役を探して広瀬すずに決まったというのが真相のようですね。
しかも日テレがご立腹のようですから、能年玲奈にとってはあまりよろしくない状況のようです。

広瀬すずは知っている?

仮にこの内容が真実だったとして、主演決定に至るまでのこのいきさつについて広瀬すずは知っているのでしょうか?
もし知っていたとしたらあまり気分のいいものではないですね。
代役ってことになっちゃいますからね。

大人の事情とか、制作の舞台裏とか、いろいろなご苦労があってドラマなどの作品が完成するんでしょうけど、出演者に気持ちよく演じてもらうためにもこういうことって表に出ないように配慮してあげればいいのに、なんて思ってしまいます。

能年玲奈が主演だったらどうなったのかはわかりませんが、広瀬すず主演でドラマがヒットすれば問題ないわけですけどね。
私も時間を見つけて録画した学校のカイダンを観てみたいと思います。




スポンサードリンク

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい



『最後までお読みいただきありがとうございます。 もし、こちらの記事を読んで参考になったと思って頂ければ、 下のSNSボタンでシェアをしていただけると嬉しいです!』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 西城秀樹脳梗塞
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。