文学界2月号が再増刷 これなら又吉の火花が読める?

この記事は2分で読めます

文学界再増刷

文学界2月号の人気と増刷について先日記事を書きましたが、勢いは止まらずさらに増刷されることになったようです。
売り切れや品薄でなかなか文学界を購入できなかった人にとっては朗報ですね。
どのくらい増刷されるのか?ネット通販の在庫状況に変化はあったのか?など確認してみます。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

増刷のすぐ後に再増刷

お笑い芸人ピースの又吉直樹の小説「火花」が月刊誌「文学界」2月号に掲載されるということが話題になり、初版の1万部が発売前に売り切れや品薄となる書店やネット通販ショップが続出。
文学界では記録上過去に例がないという「7000部の増刷」という異例の対応をすることが先日決まったばかりです。

そのニュースも冷めないうちに再増刷のニュースです。
なんと今度は2万3000部を増刷することになったそうです。
これで初版から数えて累計4万部です。。。

なぜそんなに売れてるの?

確かにTVなどでも活躍している有名芸能人の書いた小説が掲載されるということで話題になるのはまあ理解できるんですが、なぜそんなに売れてるんでしょうか?
どうやら単に又吉が有名芸能人だからという理由だけではないようです。

文学界の武藤旬編集長のコメントによると、

鋭い観察眼と独自の文体を持っている。
知名度のあるタレントだからではなく、大型新人作家として大きく扱いたいと思った。
ふだん文芸誌を手にとらない10代、20代にもよく売れている。
それだけ普遍的なテーマ性と、ポピュラリティーを兼ねそなえた小説だからではないか。

ということだそうです。
つまりプロの目から見ても又吉の「火花」はすぐれた作品(小説)だということなんですね。
又吉直樹という人物が作家としての才能も持ち合わせていると評価されているから、その作品を読んでみたいと思う人が多いということだろうと想像できますね。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

販売店の在庫状況に変化はあった?

つい先ほどネットニュースで再増刷の話を知りましたので、もしかしたらまだ書店やネット通販サイトなどの販売店の在庫状況に変化はないかもしれませんが、気になったので再度確認してみました。

まず楽天市場。
昨日は4件ヒットしてすべて売り切れでしたが、今日はどうでしょうか?

今日は2件しかヒットしませんでしたが、楽天ブックスでは売り切れ表示が消えていました。
リンクを貼っておきますが、早速再入荷できたのかな?
ちなみにもう一店舗は売り切れになったままでした。

続いてamazonです。
前の記事の時点でも売り切れにはなっていませんでしたが念のため。

大丈夫でした。。。
ただ在庫がないのか、「2015年1月22日に入荷予定」と表示されていました。

さすがに累計4万部も発行されれば文学界が売り切れになって購入できないという事態はもう起らないのかもしれませんが、そうはいってももしものことがありますからね。
又吉直樹の「火花」を読んでみたい方は、購入できるときに購入しておいたほうがいいかもしれませんね。

(トップ画像:はがないジェネレーターで作成)

(関連記事)
ピース又吉「火花」効果で文学界2月号が品切れ?在庫を確認してみた




スポンサードリンク

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい



『最後までお読みいただきありがとうございます。 もし、こちらの記事を読んで参考になったと思って頂ければ、 下のSNSボタンでシェアをしていただけると嬉しいです!』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 肖像権著作権
  2. ヘイヘイヘイ20周年大感謝祭
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。