アイドル誌の警告で今後twitterなどの画像キャプチャはどうなる?

この記事は4分で読めます

肖像権著作権

アイドル誌数誌がほぼ一斉に
ファンに対して画像キャプチャについて警告を投げかけたそうな。

なぜ今になって?
という気がしないでもないけど
元々そういう問題があったのは事実といえば事実。

現状では警告ということだけのようですが
今後twitterなどのSNSの利用に影響がでるんでしょうか?



スポンサードリンク

スポンサードリンク

アイドル誌からの警告概要

「Myojo」や「ポポロ」といった男性アイドル雑誌が
それぞれの公式Twitterアカウントで、
ファンの違反行為にほぼ一斉に警告を促したらしい。

 3月14日に「Myojo」(集英社)が
「最近、雑誌に掲載されている写真および文章を、写真撮影やスキャン等を行ない、許諾なくツイッターで公開する行為が目立っております。これらの行為は著作権、肖像権等を侵害するものであり、場合によっては刑事罰が科され、あるいは損害賠償を請求される可能性があります。くれぐれもご注意ください」
とツイート。

その後同様の男性アイドル雑誌である
「Wink Up」(ワニブックス)
「duet」(ホーム社)
「POTATO」(学研マーケティング)
「ポポロ」(麻布台出版社)

なども公式Twitterで似たような警告文を発表したらしいです。

(参照元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150317-00000018-rbb-ent)

つまり商品(物・人物等)の画像や文章を勝手に使ったら
著作権や肖像権違反だから無許可で勝手に投稿しないでねって話。

確かにそうなんだけど。。。

この問題は以前から言われてたこと。
でもこの問題はだいぶ前から起こってたことで
今まで「暗黙の了解」とは言わないまでも
ここまで情報が出回ってしまってる中で
今更警告ってのも違和感あるよね。
男性アイドル誌だけってのも。

今回の警告は文章を見る限りでは
「雑誌に掲載されている写真および文章を、写真撮影やスキャン等を行ない、許諾なくツイッターで公開する行為」
となっていますので、
画像や文章すべてと言ってるわけではなく
「雑誌に掲載されているもの」
「許諾なくツイッターで公開する行為」
と限定しているように受け取れます。

肖像権や著作権って雑誌だけに限らないと思うんですが
このあたりも限定している意味がよくわかりませんw

まあ今回のは事務所発信ではなく出版社発信なので、
自分たちの領域だけに関する警告ってことか。
でもツイッター以外はいいのか?って突っ込み入れたくなるね。

本来、今回の話はtwitterだけの話じゃなく
ブログやサイト、Facebookやインスタなんかにも
言えることなわけですよ。

でも今までもnaverまとめや2chまとめサイト(ブログ)
などではガンガン画像や記事が引用されてたわけでしょ。
そんなに歴史の浅い話じゃないと思うけど、
なんで何もしてこなかったの?とは思う。

よほどのものはこれまでにも対処されてたけどね。
一般的なユーザーって意味で。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

すでに出回ってる画像や記事はどうするの?

今後については警告によって
多少なりとも改善される可能性はあるとして、
すでに出回ってしまってるものに対して
どういう対応をするのかってのも不明ですね。

まずここをはっきりさせないと
中途半端な形で終わってしまうような気もしますが。

そもそも今回の警告がどの程度の本気度なのか?
今後実際に法的措置に打って出る気があるのか?
など、よくわかりません。

今回の警告は、
一部ではジャニーズからクレームが出たのでは?
なんて声も出ているようですが、
どこからかってのはともかく、
関連グッズの売り上げに影響が出ているため
というのは想像に難くないですね。

画像を引用していた知人の話とその対応

ブログで画像を引用していた知人が
とある芸能事務所から、警告を受けたことがあるそうです。
その時にどういう対応をしたのか、
参考まで記しておきます。

その方はブログを運営していて、
芸能関係の記事もたくさん投稿していたそうです。

記事の中にはネットから拾った画像も
適宜引用(貼り付け)して見た目にもこだわってました。

ところがある日、
某芸能人の事務所関係者から
ブログの問い合わせフォームに投稿が。

内容は、
「貴ブログで使用されている画像は肖像権の侵害に当たるので、即刻利用を中止してください」
的な内容だったそうです。
ちなみに使っていた画像とは、
その芸能人の公式ブログから引用した画像とのこと。

そこで、知人はその画像を削除し、
修正したことを事務所に連絡。
修正を確認した事務所は
特に損害賠償などの金銭的な要求もなく
無事和解(?)できたそうです。

個人的な見解ですが、
通常この手の画像やテキスト引用の場合は
まず管理人(ユーザー)に警告というか連絡があって
それでも改善されない場合に
法的措置って流れになるのかなあって考えてます。

当ブログも肖像権や著作権に関しては
注意を払っているつもりですが
画像も全く使ってないわけではないので
指摘を受ける可能性はあります。

そのために問い合わせフォームを設置して
問題があれば、連絡をとれる状況にはしてるんですが。。。

但し、必ず警告(管理人に連絡)が来る
とは限らないので、
「警告が来てから直せばいいや」
って考えも危険かなあとは思います。

対象となるものも相当な数になるでしょうし、
芸能事務所の関係者などが
一つ一つ確認・連絡して修正を促すってのも
相当な労力でしょうからね。

ちなみに芸能人じゃなくても
肖像権ってのはあると思いますが、
twitterなどに投稿している自撮り画像などは
拡散されても文句は言えません。
リツイートって機能がついてるサービスですからね。

但し、ブログに貼る際には
所定の埋め込みコードを貼るってことだけ注意です。

今後はどうなる?

今回の警告で、
ネットユーザーの反応はどうなるでしょうかね?

他の出版社なども追随し、
明確なガイドラインが示されれば
ユーザーも順守する姿勢を見せるかもしれませんが
基準が不明瞭で、すでに出回っている画像がそのままなら
現状と変わらないのかなとも感じます。

画像とか一切使わなければいいんでしょうけど、
そういうわけにもね、って気持ちもわかりますし。。。
とにかく、今後の動向を見守っていきましょう。

でも、一般ユーザーが画像を引用する行為って
マイナス要因ばかりじゃなく、
無料で宣伝してくれてるってプラス効果もあると思うんだけどね。
その辺はどう考えてるのか???

個人的な希望ですが、
各事務所が所属芸能人の
肖像権・著作権フリーの画像素材を何枚か提供し、
「それ以外は無許可で使っちゃだめよ。」
とかにすればいいのに、
例えば公式サイトなんかでダウンロードできるようにして。
なんて思ったりもします。

ガッチガチに取り締まるんじゃなく
お互いが歩み寄ってよりよい関係を築く
ってのもアリかなあなんて思うんですが。

(トップ画像:はがないジェネレーターで作成)




スポンサードリンク

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい



『最後までお読みいただきありがとうございます。 もし、こちらの記事を読んで参考になったと思って頂ければ、 下のSNSボタンでシェアをしていただけると嬉しいです!』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. テリー伊藤スッキリ卒業
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。