アジアカップ決勝戦感想 オーストラリアが延長戦で韓国を下し初優勝

この記事は3分で読めます

アジアカップの決勝戦をTV観戦しました。
日本がこの場にいないのは残念ですが、オーストラリア対韓国ということで面白い試合になるかと思い観ることにしました。
結果はオーストラリアが初優勝を飾ったわけですが、この試合を観た感想を書いていきたいと思います。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

アジアカップ決勝戦の結果

アジアカップ決勝戦、オーストラリア対韓国の試合は延長戦の末2-1で開催国のオーストラリアが韓国を振り切り、初優勝を飾りました。
意外にもオーストラリアは初優勝だったんですね。
そういえば、オーストラリアは以前はオセアニア連盟に加入していたので、まだアジアでの歴史が浅くて優勝してなかったのかな?

試合は前半終了間際にルオンゴのゴールでオーストラリアが先制。
前半は1-0で折り返し、後半も両チーム決定機らしいシーンは作れないまま時間が過ぎていきます。

このまま終了するかと思っていましたが、後半のロスタイムにソン・フンミンがゴールを決めて同点。
オーストラリアにちょっとしたスキができたような感じでしたが、ギリギリのところでゴールを決めた韓国もさすがでした。

試合は1-1のまま延長戦に突入しますが、延長前半に右サイドでもつれたところからオーストラリアが抜けだしセンタリング。
そのボールをキーパーがはじきますがゴール前にこぼれ、これをトロイージがゴールに押し込み勝ち越します。

時間のない韓国は必死に攻撃を仕掛けますが、決勝までの5試合、そして決勝戦の90分を超えるプレーで疲労は限界だったのか、それほど迫力のある攻撃はできませんでした。
そして結局このまま試合終了。

韓国は55年ぶりのアジアカップ優勝を逃し、オーストラリアがAFC加盟後初のアジアカップ優勝を飾りました。

試合の展開は面白かったが…。

ではアジアカップ決勝戦を観た感想を書いていきます。

試合の展開としては、オーストラリアが先制し、韓国が追いつく。
そしてオーストラリアが再度突き放す。
という展開になったので面白かったと言えば面白かったです。

しかし、試合の内容というかプレーのレベルに関していえば、それほど質の高いものではなかったように感じました。
勿論、短期間で6試合を戦うことによる疲労の蓄積も影響していたとは思いますが、両チームともに平凡なプレーが多かったかなあ?と感じました。

フリーな選手がいるのにそこにパスを出さなかったり、人数で優っている状況なのに一人でドリブルで切り込んで相手に引っかかったり。。。
もっと効果的なプレーを選択できれば、どちらも楽に決定機を作れたんじゃないかなと感じる場面が何度かありました。

逆に、球際のプレー(ボールの奪い合い)はかなり激しいと感じましたけどね。
イエローカードも結構出ましたし、今日は気持ちで勝負したということなんでしょうか?

UAEに負けた日本がこの両チームに勝てたかどうかはわかりませんが、少なくとも試合運びの内容だけで言えば、間違いなく日本がアジアで一番レベルの高いプレーを体現できるチームだと思いましたね。
日本は決定力が極端に低いので素晴らしい内容でも試合には負けるということもありますけどね。

ただ、内容がいくら素晴らしくても勝てなければ意味がないので今回はオーストラリアが一番ということは認めなければいけませんね。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

日本が意識していかなければならないこと

今回のアジアカップをみる限り、現時点で日本が一番レベルの高いチームであることは確認できました。
ただこれは「一番強い」ということを意味しているわけではないです。

日本に欠けているものはいつも言われている「得点力(決定力)」ですが、これはアジアの中でも低い位置にあるといっていいでしょう。
そもそも組み立ての部分でいくら素晴らしいプレーができてもフィニッシュのところでゴール枠内にシュートを飛ばせなければ得点なんてできるはずありませんからね。

個人的には代表チームの連携を磨くのもいいですけど、個々人の基礎技術を一から鍛えなおすこともやっていかないと、いつまでたっても改善しないんじゃないかと思うんですが。。。
100%枠内というのは無理でしょうけど、どんな状況でもシュートを枠内に蹴りこめる技術を身に着けられなければ得点は期待できませんからね。

現在の日本代表選手にもシュートセンスを感じる人がいないわけではないんですが、まだ枠内シュートが少ないですね。
UAE戦のように35本シュートして枠内がたったの8本というのは稀なケースかもしれませんが、ベストメンバーで挑んでこの数字はやはり情けないです。

枠内にシュートを置きに行けというわけではないですが、せめて50%以上、理想的には70%以上の数字をコンスタントに出せるようなチームになってほしいです。
(当然そのうちの何本かは得点しなければいけませんが)
そうすれば、内容だけでなく勝負の面でもアジア一と胸を張って言えるようになると思いますけどね。

ともあれ、これでアジアカップは幕を閉じました。
次の大きな大会はW杯一次予選ですかね?

現時点ではアギーレ監督の続投が濃厚ですが、監督がどんなに素晴らしい采配を奮っても最後のシュートは選手の技術です。
巷ではワールドカップ予選でも日本は苦戦すると心配の声が高まっているようですが、まんざら的外れな意見ではないと思いますので、本田圭佑のコメントではないですが代表選手には更なる「個の技術を高める」ことを真剣に取り組んでほしいと願います。

そして日本代表が難なくワールドカップ出場を決められるくらいまでになってほしいと願っています。




スポンサードリンク

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい



『最後までお読みいただきありがとうございます。 もし、こちらの記事を読んで参考になったと思って頂ければ、 下のSNSボタンでシェアをしていただけると嬉しいです!』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 結婚離婚
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。