銭の戦争第4話感想 現実だったらかなりまずい内容じゃない?

この記事は3分で読めます

銭の戦争第4話を観ました。
今回の内容って現実だったらかなりまずい内容だったと思うんですが、皆さんどう感じましたか?
ドラマだから何事もなかったかのようにスルーされてますけど…。

ということで、銭の戦争第4話を観た感想を書いていきます。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

銭の戦争第4話のあらすじ

結婚式当日、富生(草彅剛)に手を引かれて式場を飛び出した未央(大島優子)は、結婚相手の植草(丸山智己)から式の費用や慰謝料など多額の金を請求される。
翌日、洋の借金を回収し損ねたことを赤松(渡部篤郎)に報告した富生は、代わりに赤松金融で取り立て不能になっている債権を回収すると言い出す。
未回収金額は占めて8750万円。

(中略)

富生は回収相手であるヤクザの大黒(高杉亘)から見事取り立てに成功。
赤松から取り分をもらった富生は洋と未央の借金を完済できるだけの金を手渡す。
洋は、富生が紺野家に居候することを条件に、その金を無利子無期限で借りることを承諾。
未央も話を聞いて驚くが、富生は「担保は君の良心だ」と告げる。

その頃、未央と梢のやり取りの一部始終を目撃していた赤松は、それをネタに早和子(ジュディ・オング)の元へ。
早和子は富生の正体を教える。
それを聞いた赤松は呆然となり……。

(引用元:関西TV公式サイト)


スポンサードリンク

スポンサードリンク

色々と危ない話が出てきてたような

銭の戦争第4話は、暴力団から不良債権化した貸金8750万円の回収をするという話がメインでした。
それと並行して結婚式を台無しにしたことでかかった費用や賠償金全てを請求され、さらに借金が増えてしまった未央(大島優子)に対し、梢(木村文乃)がよからぬ話を持ち掛けるという内容でした。

しかしまあ今回は色々と危ない内容でしたね。

暴力団への取立て

白石富生(草彅剛)は単身で大黒(高杉亘)のところに乗り込み借金の返済を迫ります。
当然素直に返済してくれるはずもなく、袋叩きにあいます。

一度は引き下がった富生は、その後裏カジノで組長に近づきます。
ドラマでは描かれていませんが、おそらく元外資系証券マンの知識を生かして今後値上がりしそうな株の情報を教えたということでしょう。
終盤でその組長が登場して、「あんたのおかげで儲かった。」みたいなことを言って富生のピンチを救いましたので、そこから読み取ってくれということだと思います。

この場面では、下手すれば組長の登場を待つまでもなく富生は消されて(殺されて)いたかもしれない危険があったのでは?と思います。
いくら借金の返済取り立てとはいえ、8000万円以上を横取りされたのですから普通に考えて「胸ぐらをつかむ」程度で済むはずがありません。
まあドラマだからこその展開でしょうね。

また富生が組長に情報を提供した件に関しては、これはインサイダー取引には該当しないでしょうから問題ないかな?

次に、ホームレスの預金口座を一旦売って、大黒たちが投資詐欺で得たお金を入金させた後で、ネットバンキング機能で別口座に全額振り替えるという部分。
取引上は「シンジ君」が自分の口座のお金を振り替えただけだから問題ないということなんでしょうけど、「88,523,530円」もの大金が一度に振り込まれて、その後すぐに全額振り替えられたらさすがに目立ちますし銀行に目をつけられるでしょ。

その後、場合によっては警察も含めた調査(捜査)があるのが普通だろうと思うんですがね。。。
振り込め詐欺に敏感なこのご時世ですからね。

シンジ君は東京を離れるところだけ描写がありましたけど、それだけじゃすまないと思うんです。
このお金が投資詐欺によって得たお金だということがわかれば全額没収されるでしょうし、そういうお金だとわかってて使ったとなればただでは済まないだろうし。。。
ということでこんなに上手くはコトは進まないでしょう。
まあ「裏の世界」での出来事だからという言い訳もありますが、さすがにこれは目立ちすぎて表に出ちゃうでしょって感じでした。

梢(木村文乃)が未央(大島優子)に顧客データを盗ませる話

披露宴の費用(ホテル支払代?)200万円をチャラにする見返りとして、未央が務める「ジャパンリゾートコーポレーション」の顧客情報を持ち出すように指示した部分。
ドラマの中では、未央はデータを持ち出したものの結局「良心」により、お金と引き換えにすることをやめるんですが、これって持ち出した時点でアウトでしょ。
普通だったら未央は逮捕されるんじゃないですかね?

セキュリティがしっかりしている会社なら、未央がデータをダウンロードしたという記録も残っているでしょうし、持ち出した時点で罪になるんじゃないですかね?
データ自体は未央が投げ捨てたフラッシュメモリーを赤松(渡部篤郎)が拾い、早和子(ジュディ・オング)に渡したので情報漏えいはしなかったわけですが。。。
(※早和子がそのデータを使わないという前提で)

ということで、今回はドラマの内容を楽しむというよりも、「ドラマだからこんな展開が許されるんだろうな」という気持ちで観ていた時間のほうが長かったような気がします。
ただドラマとしてみれば、まあまあ面白いと思うので今後も引き続き観ると思います。




スポンサードリンク

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい



『最後までお読みいただきありがとうございます。 もし、こちらの記事を読んで参考になったと思って頂ければ、 下のSNSボタンでシェアをしていただけると嬉しいです!』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ボクシング中継香川照之
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。