錦織圭 全豪3回戦感想と4回戦情報【対戦相手や放送予定など】

この記事は2分で読めます

錦織圭が3回戦を快勝し、4回戦進出を決めましたね。
今日は午後からのTV放送でしたのでゆっくり観戦できました。
ということで全豪3回戦の感想と、次の対戦相手や放送予定などについて書いていきます。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

3回戦は危なげない勝利【試合結果と感想】

全豪OP3回戦の対戦相手は世界ランク38位のスティーブ・ジョンソン

第1セットこそ6-7で落としたものの、その後は6-1、6-2、6-3とセットを奪い、3-1で勝利。
見事3回戦を突破し4回戦進出。
ベスト16入りを果たしました。

私はNHKで放送開始から試合の様子を観戦しましたが、今日の試合は落ち着いて観ていられましたね。
正直な話、第1セットをなんで落としたのか不思議なくらいの内容でした。

スティーブ・ジョンソンはサーブとフォアハンドストロークが強力な武器で素晴らしい選手でしたが、バックハンドはスライスを中心としているようでどちらかといえばネック。
錦織もバックハンド中心にボールを集めて組み立て、相手が先にミス、もしくは甘くなった球を錦織が決めるという形でポイントを獲れていました。

錦織のアンフォーストエラー(自分からのミス)やジョンソンの強烈なフォアハンドウィナーなどでポイントを奪われることはあるものの、試合全体で考えれば錦織が負けることは考えられない内容でした。
勿論セットが変われば流れも変わるということはあるんですけど、今日の試合に関していえばセットが変わっても錦織ペースの流れは変わりませんでしたね。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

ここからが本当の闘い

錦織はこれでベスト16入りを決めたわけですが、第5シードですから当然と言えば当然。
問題はここからです。

順当に勝ち上がってきた場合、トップ16シードの選手と対戦することになるからです。
世界ランクで言えば錦織よりもランキングが低い選手もいますが、このレベルになると実力差は紙一重ですからね。
10回やって10回勝てる相手ではないという感じでしょうか?

全豪OP4回戦の対戦相手

錦織圭の4回戦の対戦相手は第9シードのダビド・フェレールに決まりました。
まあ順当といえば順当で、想定していた相手ですね。

フェレールとは過去にも対戦していて、記憶に新しいのは年末のツアーファイナルでの試合ですかね?
この時は錦織がセットカウント2-1で勝っています。

ただ、フェレールは粘り強いストロークが武器の選手ですので、簡単にはポイントは取れません。
双方のコンディションにもよるでしょうが、1ポイント決まるのにラリーが何回も続く展開が多くなるかもしれませんね。
そうなると5セットマッチでは体力勝負になるかも?

錦織も長期戦には自信があるでしょうけど、真夏のオーストラリアでの試合は体力の消耗も激しいでしょうから今後のことも考えると厳しい戦いになりそうですね。
3-0で勝てれば一番いいでしょうけど、最悪フルセットにもつれ込む可能性もあります。
あ、最悪は錦織が負けてしまうことですね。
錦織が勝つ前提で。。。

ということで試合が始まってみないことには双方のコンディションを確認できないものの、試合に勝ってくれさえすればスコア(セット数)は気にしないことにします。
理想的な展開は先に錦織がセットカウントをリードしていく流れですが…。

今後の試合は毎試合こういう厳しい試合になると思いますけど、頑張って勝ってほしいですね。

錦織圭の全豪4回戦の放送予定は?

NHKの放送予定を確認しましたが、記事を書いている時点では放送時間は決まっていないようです。

ただ明日の午前中から4回戦が始まるようですので、早ければ明日の後半、遅くとも明後日26日に放送されるんじゃないかと思います。
※25日はトーナメント表反対サイドのナダルやマレーの試合が予定されているみたいですから、早くてもそれらの試合の後だと思います。

また詳細が確認できましたら追記したいと思います。

(追記)
錦織圭選手の4回戦地上波放送予定が判明しました。

1/26(月)午後0:00-午後1:05(NHK総合 サブ)
1/26(月)午後1:05-午後3:00(NHK総合)
※ライブ放送です。

です。
試合が長引けば放送時間も延長されると思いますが、とりあえず判明した放送時間は以上です。




スポンサードリンク

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい



『最後までお読みいただきありがとうございます。 もし、こちらの記事を読んで参考になったと思って頂ければ、 下のSNSボタンでシェアをしていただけると嬉しいです!』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。