アギーレ監督更迭確定か?本田香川がPK失敗で敗退【アジアカップ】

この記事は5分で読めます

アジアカップ決勝トーナメント初戦(準々決勝)で日本はUAEに敗退。
ノルマとも言われていた2連覇を実現できなかったことでアギーレ監督の更迭はほぼ確定でしょうか?

今回はアジアカップ日本代表対UAE戦の感想を中心に書いていきます。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

日本対UAE 試合の結果

アジアカップ決勝トーナメント1回戦(準々決勝)。
日本代表はUAEと対戦しました。

試合は日本が前半早々に失点。(前半7分)
予選グループを無失点で切り抜けた日本でしたが、決勝トーナメントに入っていきなり失点してしまいました。

序盤の日本代表は失点もあってちょっと慌ただしい感じの内容でしたが、徐々に落ち着きを取り戻し始め試合を支配し始めます。
右サイドからの攻撃を中心に組み立ててチャンスメイクをしていきますが、いいところまではいくものの最後のフィニッシュがなかなか決まらず。
前半は0-1で終了

後半に入っても同様に日本がゲームを支配しますが、やはり得点までには至りません。
しかし後半36分
途中交代で入った柴崎岳が素晴らしいシュートを決めて日本が同点に追いつきます。

その後も日本が一気に逆転を狙いに行きますが、あと一歩及ばず1-1のまま後半終了
15分ハーフの延長戦に突入します。

延長戦に入ると両チームともに動きが止まり一気のカウンターのような戦法はもう使えません。
選手の交代枠も3人ずつ使い切っているので、交代もできない状態です。

そんな中、日本にアクシデント発生。。。
長友が脚を痛めた様で十分に動けなくなります。(肉離れ?)

残りの選手で長友のカバーをして失点こそ防ぎますが、攻撃のバリエーションが減り攻撃の組み立てもやや単調に。
相手は長友のサイドを狙って攻撃してくるあたりはUAEもさすがです。
アギーレ監督は長友を前方にポジションチェンジさせ、酒井高徳を左サイドに、右サイドは柴崎岳に任せます。

延長戦でも日本のほうに多くの得点チャンスが生まれましたが得点はできずに終了。
1-1のままPK戦に突入します。

PK戦は日本が先攻。
一人目の本田圭佑がいきなり枠外にホームラン(笑)。

UAEも3人目のイスマイールが本田と同じように枠外にホームランしてくれて日本は追いつきます。
そして5人目までは両チームともに決めて4-4となり、6人目以降のサドンデスに突入。

日本の6人目は香川真司
アギーレが6人目に指名するあたり、香川はPKが上手くないということなんでしょうけど私の不安が的中www
枠こそ外さなかったものの、(画面向かって)左側のポストに嫌われてゴールラインを割ることができず。
最後はUAEの6人目のI・アハメドがきっちり決めて試合終了。。。

最終的な結果は1-1(PK5-4)で日本はUAEに敗退してしまいました。
優勝できるかどうかはともかく、日本がUAEに負けるとは思ってもみなかったので結構ショックですね。

でもまああれだけシュートを打っても枠内に行ったのはごくわずかでしたから、結果こうなるのも分からなくもないですけどね。
決定力不足は日本のお家芸ですが、いつになったら改善されるんでしょうか?


スポンサードリンク

スポンサードリンク

本田圭佑と香川真司がPK失敗

国内外を問わず、日本代表を応援していた方にとってはあまりにもショッキングな光景でした。
アギーレジャパンの中でも注目度が高い本田圭佑と香川真司がPKを失敗して負けたんですからね。

加えるならインテルの長友が肉離れですし、日本代表にすればまさに「踏んだり蹴ったり」。
一番見たくない姿だったのではないでしょうか?

アギーレ監督の更迭は確定?

日本代表のアジアカップ2連覇はなりませんでしたので、この結果を受けてアギーレ監督も更迭(解任)の可能性が一気に高まってきましたね。

八百長疑惑が問題になっているアギーレ監督にとっては、アジアカップで優勝することで監督続投に一縷(いちる)の望みをつなぎたいところでしたが、それも実現できず。
こうなると疑惑が有罪になるか否かにかかわらず、「アジア杯で結果を出せなかった」という大義名分の元、日本サッカー協会がアギーレ監督を帰国後に更迭する可能性は十分あり得ます。

アギーレ監督に関しては専門家の意見でも賛否両論あるようですが、過去の代表監督と比較しても有能(優秀)な部類に入るだろうという意見が多いようです。
選手の起用法(交代選手を含む)、戦術の徹底など、次回ワールドカップに向けて可能性を感じさせてくれる監督であるという評価を何度となく見ました。
ですから、こういう形で更迭されたとしたらちょっと残念ですね。
もっとも、ザックジャパンの遺産(遠藤や長谷部など)をいったん外しておきながら結局頼る羽目になったことを指摘している意見もありましたけどね。

サッカー協会としても、八百長疑惑が問題視されるような人を代表監督に選んだ責任問題を問われていますので、この敗戦を機にアギーレ監督を更迭して次期代表監督を決定し、この問題の幕引きを図りたいという思惑もあると思います。

アギーレ監督の八百長疑惑に関してはまだ有罪と確定したわけではないですが、今後事情聴取や捜査などが行われるわけですし、最悪の場合有罪になることだってあり得ます。
その時に監督を交代させようとしても、新監督体制で代表の戦術を構築する時間が足りなくなってしまいますからね。

そういうことも踏まえて考えると、アギーレ監督の更迭はやっぱり現実的な選択(判断)なんじゃないかなと思うわけです。

復活の兆しを見せていた香川真司が再び闇に?

今回のPK失敗による敗戦ですが、本田圭佑はあの性格ですからそれほど心配いらないかもしれませんが、香川真司は心配ですね。
PKはずっと蹴っていれば失敗することもあるものですけど、こういう場面での失敗はやはりショックでしょうからね。

ヨルダン戦でようやくゴールを決めましたし、試合中の動きに関しては徐々に良くなっている印象を受けましたので、「自信」を取り戻しつつあるのかなと期待していた矢先のことでしたからね。
代表戦だけでなく、降格圏争いに甘んじているブンデスリーガのドルトムントに戻っても、以前のようなパフォーマンスを発揮できるきっかけになればと思っていたんですが。。。。

今回のPK失敗でまた大きく自信を喪失してしまったかもしれませんwww
まあフィールドでのプレーとPKは別物ですけどね。
香川自身がどう捉えるかって話です。

とにかく、せっかく調子を上げてきた(と思ってた)香川真司がまた調子を落とすのは観ていて悲しくなるので、気持ちを切り替えてくれることを期待したいです。

本田圭佑はPK蹴らないほうがいい?

今日失敗したから言うわけではないですが、私は日頃から本田圭佑は(試合中の)PKは蹴らないほうがいいと思っています。
理由は「PK蹴るのが上手くないから」なんですが。。。
※反対意見もあるかもしれませんが

他に蹴れる人がいないってなら仕方ないですけどね。
せめて遠藤がいるときは遠藤に任せるとか、最近のレギュラーメンバーならも上手いんじゃないかな?なんて思ったりしてます。

これまで本田がPKを蹴ったシーンを思い出しても、危なっかしいものが多いんですよね。
コースが甘いというか、蹴り方が頼りないというか。。。

別に本田圭佑のアンチってわけでもないんですけど、彼の直接FKとPKはちょっと期待値が低すぎるかなと感じています。
直接FKは決まるときはすごい軌道のシュートを蹴りますけどね。
多分そのインパクトが強すぎるんだろうなあwww

個人的な願いは、
「ゴールにならなくてもいいからもうちょっとゴールの枠内に入れてほしい」
(狙った場所との誤差を小さくしてほしい)
ってことです。

大きく外すことを「宇宙遊泳(宇宙開発)」とか「人工衛星」とか言ったりしますけど、本田は結構そうなる確率が高いんじゃないかな?
あくまで感覚的なものですけどね。

彼のFKの精度が上がれば彼に任せてもいいんでしょうけど、今のままではチャンスがチャンスにならない気がします。
少なくとも「本田だけ」ではなく状況に応じて「本田以外も」で検討してほしいです。
※今日は1本柴崎に蹴らせてましたけどね

まあ直接FKはまだいいとしてもPKは考えたほうがいいんじゃないかと思うんですがねwww
特に強豪国相手の時は。

最後はちょっと話がそれてしまいましたが、アギーレ監督が今後更迭されるのか?
解任されるととしたら後任は誰なのか?
予想では日本サッカーを知るストイコビッチザッケローニの出戻り、あるいはJクラブの日本人監督など、何人か候補といわれていますがどうなりますかね?
しばらくスポーツニュースが気になりそうです。

(関連記事)
アギーレ監督 解任なら後任は誰になる?

(追記)
先ほどスポーツニュースで知りましたが、日本サッカー協会の大仁邦彌会長がアギーレ監督の続投を明言したようですね。
それはそれで嬉しいやら、「大丈夫なのか?」と心配やら、複雑な気持ちです。
アギーレ監督の能力は評価しますが、別の部分で後になってややこしいことにならなければいいですけどね。




スポンサードリンク

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい



『最後までお読みいただきありがとうございます。 もし、こちらの記事を読んで参考になったと思って頂ければ、 下のSNSボタンでシェアをしていただけると嬉しいです!』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ミタパン卒業秋元優里
  2. teppenやらせ出来レース
  3. 張本勲発言炎上
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。