ビリギャルが映画化 キャストは有村架純の他に誰?

この記事は3分で読めます

ビリギャル有村架純

ビリギャルが映画化されることが決まりましたね。
キャストは有村架純が主演を務めることが決まっているようですが、そのほかの出演者は誰がいるんでしょうか?
気になったので調べてみました。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

ビリギャルとは?

ビリギャルとは、「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」の略称です。

もともとは投稿サイトSTORYS.JPで話題となった実話だそうですが、この内容を全面書き下ろしで完全版として書籍化されたのが話題になっていました。
著者は坪田信貴氏。

この本が55万部の大ヒットしたことで映画化が決まったみたいですね。

(関連記事)
ビリギャル表紙の子が石川恋って真面目なモデルだったのを今知るw

ビリギャルのあらすじ

ビリギャルの簡単なあらすじというかストーリーは、高校2年生にして小学4年レベルの学力のギャルをいかにして慶應義塾大学現役合格にまで導いたかについて軽妙かつコミカルに描いた実話だそうです。
笑いだけでなく感動的なシーンもあるそうです。

「ダメな人間などいません、ダメな指導者がいるだけなのです」という著者の想いが込められた作品となっているようです。

ビリギャルのキャストは?

ではビリギャルの映画化に際し、キャストはどうなっているんでしょうか?
主演の「さやか」役には有村架純が決まっているようです。

(関連記事)
映画ストロボエッジ 有村架純や福士蒼汰にキュンキュンした?みんなの感想

有村架純は髪の毛を金髪にしてミニスカヤンキーのギャルに挑戦するようです。
個人的に有村架純は好きな女優さんですが、金髪姿は想像できなかったんですが見てみるとこれまた可愛いですね。

有村架純以外のキャストについてはまだ不明な部分も多いようですが、現時点で分かっているのは以下の通りです。

伊藤淳史 さやかを合格へと導く塾講師・坪田役。
吉田羊  さやかの受験を応援する母役。
田中哲司 さやかと対立する頑固な父役。
野村周平 さやかに想いを寄せる塾の同級生・森玲司役。
安田顕  成績が学年最下位であるさやかに冷たくあたる高校の担任教師役。

田中哲司と吉田羊の子供が有村架純ですか。
全然現実的ではない親子関係にも思えますけど、映画としてみれば豪華な出演者陣ですね。

(追記)
その他のキャストについても判明した分を追記します。
役どころについてはよくわからない部分多いですがw

あがた森魚 峰岸誠役
松井愛莉 本田美果役
蔵下穂波 香川真紀役
阿部菜渚美 岡崎結衣役
大内田悠平 工藤龍太役(さやかの弟役?)
奥田こころ 工藤まゆみ役(さやかの妹役?)
※奥田こころは本作で映画デビュー


スポンサードリンク

スポンサードリンク

映画ビリギャルの公開日は?

映画版「ビリギャル」の公開日は5月1日だそうです。
ゴールデンウィークに合わせた公開なんですね。

受験シーズンとは時期は違いますけど受験生などが切羽つまっていない時期に見てもらいたいということなんでしょうかね?
個人的には主演が有村架純だから観たいところではありますが。。。

原作本を読んでから映画を観たほうがいいのか?
原作を読まずに映画を観たほうがいいのか?
悩みますね。

原作を読んでから映画を観ると「原作と違う」とか感じちゃうシーンも出てくるでしょうし、大まかな展開も分かっているのでネタバレになっちゃって面白くないかもしれませんしね。
映画版は原作を読んでいない人にもわかるように作られると思いますので事前情報なしで観たほうが楽しめるのかな?

(2015/05/01追記)
映画が公開されたので、
みんなの感想をまとめました。

ビリギャル映画版の感想評価まとめ 有村架純がかわいすぎる?泣ける?

ビリギャルのエキストラを募集

そういえば公式サイトでビリギャルのエキストラを募集していますね。
詳細は公式サイトで確認していただきたいのですが、まだ撮影は終わっていないということですかね?
興味のある方は応募してみては?

映画「ビリギャル」公式サイト

(トップ画像:はがないジェネレーターで作成)




スポンサードリンク

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい



『最後までお読みいただきありがとうございます。 もし、こちらの記事を読んで参考になったと思って頂ければ、 下のSNSボタンでシェアをしていただけると嬉しいです!』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. テリー伊藤スッキリ卒業
  2. 肖像権著作権
  3. 文学界再増刷
  4. 土曜すぽると武井壮
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。