森保まどかがとばっちり?TEPPENやらせじゃなくて出来レースっていうんじゃないの?

この記事は2分で読めます

teppenやらせ出来レース

昨日放送された「芸能界特技王決定戦 TEPPEN」にやらせ疑惑があるみたいですね。
私は番組を観なかったんですが、HKT48の森保まどかがとばっちりを受けたらしいとか。
ニュース記事を読んでみると「それって出来レースっていうんじゃないの?」と思いましたが、番組の様子を確認してみた感想を書きたいと思います。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピアノ部門で起こったやらせ疑惑

TEPPENはいくつかの競技種目があり、その道に自信のある芸能人が参加して文字通り「てっぺん」を目指すという番組です。
いつもは私もTVで観るんですが、昨日は裏番組を観ていたのでスルーしてしまいました。

やらせ疑惑の問題が起こったのはピアノ部門みたいですね。
HKT48の森保まどかが「異邦人」を披露したそうですが、それはもうとても素晴らしい演奏だったとか。
それもそのはず、ヨーロッパ国際ピアノコンクールで9位を獲得したこともある実績の持ち主だそうですから当然と言えば当然だったのかもしれませんね。

しかし、その後に演奏したAKB48の松井咲子が点数で上回ってしまったんです。
これが視聴者の疑問を生んでしまったんですね。
視聴者の目(耳?)にも明らかな差があったそうですから。

しかしおかしな判定(採点)はまだ続きます。
なんとその後に対戦したお笑い芸人のさゆりがミスを数回したにもかかわらず、AKB松井を上回る点数を獲得して優勝してしまったんです。

「なんで一番ミスしたやつが優勝なんだ?」
「明らかなやらせだろ?」

というような疑問が出てきて当然ですよね。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

素人だけではなくプロが見てもおかしかった?

有名音楽家の福田裕彦氏がツイッターでこの番組について厳しく指摘しています。

「フジの某番組のピアノ対決とか言うやつ、HKT48の森保さんっていう子が凄く上手でけっこうビックリして見てたんだけど、その後、どう考えても彼女のピアノとは比べ物にならないほどヘタっぴなピアノを弾く女子が出てきてあっさり勝ち、さらにそれに輪をかけてヘタなピアノを弾く人が勝って呆れたw」

「あれ、服部先生とか審査員やってるけど、マジであんな番組出るのやめたほうがいいと思うwそれにしても、森保さんのピアノはいいよ。っていうか、ちゃんと音楽を演奏してたの、彼女だけ(^-^)」

(福田裕彦氏のTwitterより引用)

とプロの目(耳?)から見ても実力の差ははっきりとしていたということがわかりますね。
しかし、プロが評価するくらいですから森保まどかの実力は相当なものだったんですね。
番組を観て聴いてみたかったです。
ネットで検索すれば動画が見つかるかな?

やらせじゃなくて出来レースじゃないの?

この一連の騒動ですが、真偽の程はわかりませんがこういう状況の場合、「やらせ」じゃなくて「出来レース」っていうんじゃないですかね?

「やらせ」っていうのは、例えば

・秘宝の発掘とかで事前にスタッフがそれっぽいものを埋めておく
・ドッキリを仕掛ける番組で、初めから知っていたのにあたかもドッキリに引っかかったようなふりをして驚く
・街角の一般人にインタビューしているように撮影しておきながら、スタッフが用意した人だった

みたいなことを言うんですよね?

このような勝負事の場合、仮にあらかじめ結果が決まっていて本来あるべき結果にならなかったということであれば、それは「出来レース」のほうが適切だと思いますが。。。

参加者はそれぞれ真剣に演奏し自分の出せる力を出したんでしょうから、問題があったとすれば審査員の採点、もしくは審査員の採点とは別に番組側が意図的に総得点を操作した可能性があるということですよね。
フジテレビがこの疑惑を晴らすために検証やコメントをするとは思えませんが、この問題どうおさめるつもりなんでしょうか気になりますね。

そういえば以前「やらせ」というか恣意(しい)的な編集順序の組換えがあったことを出演者に暴露されて、そのまま番組終了となった「ほこたて」同様「TEPPEN」も今後放送されなくなっちゃうのかな?
なんかこういう番組しか作れなくなって来たんだとすると、フジテレビの復権もまだまだ遠そうな気がしますが。。。

(トップ画像:はがないジェネレーターで作成)




スポンサーリンク

スポンサーリンク


あわせてお読み下さい



『最後までお読みいただきありがとうございます。 もし、こちらの記事を読んで参考になったと思って頂ければ、 下のSNSボタンでシェアをしていただけると嬉しいです!』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 肖像権著作権
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。