宇佐美貴史が日本代表に落選し続ける理由 なぜ?

この記事は3分で読めます

日本サッカー協会がアジアカップの日本代表メンバー23人を発表しました。
代表入りが期待された宇佐美貴史は予備登録選手50名には入ったものの結局落選。
またしてもアギーレジャパン入りはなりませんでした。

なぜ宇佐美貴史は結果を出しているのに日本代表入りできないのでしょうか?
落選の理由は?

そんな疑問を持ったので識者の見解などを探してみました。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

宇佐美貴史の2014年度成績

宇佐美は2014シーズン途中にガンバ大阪へ移籍して以来、リーグ戦26試合で10ゴール。
ヤマザキナビスコカップでは6試合で5得点、天皇杯でも4試合で6ゴールを挙げています。

宇佐美がガンバ大阪の国内3冠に大きく貢献したことは疑う余地はないでしょう。

巧みなドリブルとシュートセンスの持ち主で、日本を代表するサッカー選手の一人だということは間違いないです。

アギーレ監督が宇佐美を選ばない理由

「結果を残している」という点で言えば選ばれた他の選手に引けを取りませんし、むしろ上回っているかもしれません。
ではなぜアギーレ監督は宇佐美を選ばないのでしょうか?
その理由とは?

個人的には色々と思うところはあるのですが、第三者の意見も知りたいということでネットで検索してみました。

そこで指摘されてたのは下記の通りです。

・4-1-2-3では使うポジションがない(アギーレの戦術に合わない)
・90分ハードワークできない
・守備面に難がある
・素行が悪い、人間性に問題(試合の内外での振る舞い)

簡単に説明すると、今のアギーレのシステムなら宇佐美を使うとすれば左ウィングのポジションという意見が多い。
しかしウィングは攻守の切り替えをしながら走り回れるだけの運動量が必要。
宇佐美にはそれだけのスタミナはない。

ガンバのようにセンターラインで使う方法も考えられるが、アギーレはトップ(センターフォワード)にはポスト役としてフィジカルの強い、できれば身長も高い選手を起用したがっているように見える。
宇佐美はポストプレーヤーというタイプではないのでトップで使われることは考えにくい。

そしてこれは最近の話ではないのですが、オリンピック代表時代の態度やプレーに対して数多くの批判、バッシングを受けた過去があり、アギーレの耳にも入っているのでは?というもの。
「規律を重んじる」と言われるアギーレにしてみれば、こういう選手は使いたくないと感じたのかも。。。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

パスパス病を打開する男・宇佐美貴史

個人的な見解としてはスタメンはともかくとして、宇佐美貴史を日本代表選手23名の中には入れてもいい選手じゃないかな?と思います。

確かにフィジカル面での不安は残りますが、やはりあのドリブルスキルと得点力は魅力です。
またポストプレーには向いていなくても、ボールをキープして落ち着かせたり一人で相手をかわしていくことができる選手は今の代表選手の中にはほとんどいないと思います。

例えばサブ要員として、リードされていて攻撃ウェイトを上げたい時の交代選手として使うというのはアリじゃないかなと感じています。
相手も疲れて全体的に動きが鈍くなって来れば、宇佐美のドリブル力は生きると思うんです。
そして何より得点がほしいわけですから、決定力のある選手という意味でも選択肢の一つとして手元に置いておきたい選手だと思いますけどね。

ザックジャパンの時もそうでしたけど、日本代表ってパスでつなごうと決めたらパスしかしないでしょ。
ドリブルで打開できる選手がいないってのもあると思いますが、「パスパス病」にかかってしまうと相手からすればパスのタイミングだけ狙ってればいいから守りやすい。
結果としてパスミスやパスカットでカウンターを食らいやすくなります。

でもドリブルもあったら相手はどう守備していいか迷うと思うんです。
ドリブルしかしない選手は読みやすいですが、宇佐美は状況に応じてパスもドリブルもできる選手だと思っています。
だから過去の誰かさんのように独りよがりなプレーにはならないと思います。

その点でも今のアギーレのプレースタイルに馴染まないということはないと思うんですよね。

宇佐美が代表入りするためには何が必要?

宇佐美が代表入りするためには何が必要なのでしょうか?

上述の内容から、まずは守備面でも貢献できるところをアピールすることは必要でしょうね。
ガンバ大阪で長谷川健太監督がどういう指示を出しているのかわかりませんが、精力的に守備にも参加するとか、仮に守備に回る機会がなくとも90分ハードワークできる運動量を示せればアギーレの目に留まるかもしれません。

それからこれは外的要因になってしまいますが、日本代表が得点力不足の問題に陥った場合。
得点力のある選手をピックアップする機会が出てくるでしょうから、その時に宇佐美に白羽の矢が立つ可能性はあります。

いずれにせよアジアカップはもう無理だったので、ワールドカップの最終メンバーに入ることを最終的な目標と考えて、多少時間がかかったとしても結果を出し続けることでアギーレ監督に認めてもらうしかないでしょうね。
もし結果を出し続けてるのに最後まで宇佐美貴史が日本代表に選ばれることがなければ、それはもう個人的にアギーレが宇佐美を嫌いなだけじゃないの?って感じですが。。。

最後(ワールドカップ)まで宇佐美が日本代表に選ばれないなんてことはないと思ってますが、どうでしょうかね。




スポンサードリンク

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい



『最後までお読みいただきありがとうございます。 もし、こちらの記事を読んで参考になったと思って頂ければ、 下のSNSボタンでシェアをしていただけると嬉しいです!』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 張本勲あっぱれ
コメントは利用できません。