エスパルス薄氷の残留 優勝争いはガンバが逃げ切り【感想】

この記事は2分で読めます

Jリーグ最終節。
今年は優勝争いと残留争いが最終戦までもつれ込むという珍しい展開となりました。

前にも書いた通り静岡出身の私は優勝争いよりも残留争いのほうが気になって仕方がなかったのですが、エスパルスは何とか残留を決めました。
今回は試合後の感想を書きたいと思います。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

エスパルスの結果と感想

清水エスパルスはヴァンフォーレ甲府と対戦し0-0の引き分けで試合終了。
他会場では大宮アルディージャがセレッソ大阪に2-0で勝利しましたが、勝ち点1差で辛くも残留を決めました。
大宮にとっては気の毒ですが今回は降格となってしまいました。

試合は今年のエスパルスを象徴するかのような内容で、パスはつながらないシュートは打てない、打っても枠に飛ばないというものが多く見ている分には面白くもなんともない試合でした。
ただ今までと違っていたのは、パスミスからカウンターで失点という形を避けたかったのか後方から縦へのロングパスを多用していたように感じます。
その縦パスはほとんどつながらなかったですが…。

前半途中で甲府DFがペナルティエリア内でクリアしようとしたボールが手に当たり、PKかと思われましたが主審はこれをスルーwww
残留争いを面白くしようと主審も協力してくれてます。

甲府の攻撃もどことなく単調であまり脅威を感じませんでしたね。
試合の流れから何度か危ない場面はありましたが、決定機はほぼなかったと言っていいでしょう。

エスパルスは得点を取りに行ったようですが、残念ながらそれでも得点できないのが今のチームです。
でも今日は引き分けでも残留が決まるわけで、失点さえしなければ何やってもOKです。

そんな感じで時間は進み、0-0のままタイムアップ。
内容はともかく、自力で残留を決めてくれたので今日はこれだけで良しとしましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

優勝争いは?

試合を観ていないので結果だけになってしまいますが、こちらも意外な結果で決着しました。

ガンバ大阪 0-0 徳島ヴォルティス
浦和レッズ 1-2 名古屋グランパス
鹿島アントラーズ 0-1 サガン鳥栖

私はガンバがあっさりと勝利を決めて優勝すると思っていたのですが、最下位徳島に引き分け。
しかし優勝争いをしていた浦和が逆転負けし、鹿島も負けるという展開になり、結局はガンバ大阪が逃げ切って優勝を飾りました。

最終的な順位表はこちらの通りです。
(出典:Jリーグオフィシャルサイト)

Jリーグ最終順位表

毎年最終節は荒れることが多いですけど、今年もある意味荒れましたね。
しかしこれでガンバ大阪は国内3冠(Jリーグ、ナビスコカップ、天皇杯)にリーチがかかりました。
最後の天皇杯も相手がJ2のモンテディオ山形ですから、個人的には3冠濃厚だと思ってます。

しかし奇しくもエスパルスとガンバがともに0-0で残留と優勝を決めるとは。。。
そういえば試合終了後はJリーグのオフィシャルサイトがパンクしてたかも?
何度かアクセスしましたがめちゃくちゃ重くなっていました。




スポンサードリンク

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい



『最後までお読みいただきありがとうございます。 もし、こちらの記事を読んで参考になったと思って頂ければ、 下のSNSボタンでシェアをしていただけると嬉しいです!』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。