どぶろっく 「花燃ゆ」でなぜ一橋慶喜、島津久光役? ネットでは苦笑

この記事は3分で読めます

NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、
お笑い芸人どぶろっくの二人が、
一橋慶喜、島津久光役での出演が決まったそうです。
でもなぜ?

花燃ゆといえば、
視聴率が低迷しているというニュースを
何度も目にしていますが、
起死回生のアイデアがこれ?って感じで、
みんなの反応や感想も冷ややかなようです。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

「花燃ゆ」とは?

私は基本的にNHKの大河ドラマは観たことがないので、
ネット情報で学んだ内容になりますが、
どうやら明治維新前後の時代のお話で、
主に松下村塾の弟子たちがすごした、
激動の時代を描いた作品となっているようです。

主演が井上真央
脇を固める俳優陣にはイケメンが多く、
大沢たかお、伊勢谷友介、東出昌大など
名を連ねているようです。

花燃ゆの視聴率は?

キャストだけをみれば、
視聴率も取れそうな感じがしそうですが、
実際は低視聴率を連発w

1/4の初回視聴率が16.7%でしたが、
以降この数字を超えることがないという状況w

4/12の15話では9.8%と一桁台を記録w
過去のドラマでも一桁台の視聴率はあったようですが、
花燃ゆは全体的に視聴率が低調なため、
「過去最悪」とまで言われているようです。

主演の井上真央が
「責任を感じております」
とコメントしてました。
なんかかわいそうな気もしますが。。。

ただ視聴率って、
出演者だけの問題じゃなくて、
そもそもテーマやストーリー、
脚本などが面白くなければ、
視聴者も食いつかないと思うんですが。。。

起死回生策にどぶろっく?なぜ?

NHKのドラマ制作スタッフも
現状の打開策として、
イケメン男性の肌の露出度を上げた
サービスシーン?を作ったり、
視聴者が驚くキャスティングを考えたりしていたようです。

噂レベルでは、
木村拓哉や福山雅治などの大物を
投入してくるのでは?なんて話もありました。

それがここへきて「どぶろっく」ですか?
これには観ていない私もびっくりですw

どうやら、6月21日(日)放送の第25回に登場し、
は江戸幕府最後の将軍として知られる一橋慶喜役(後の徳川慶喜)、
江口は薩摩藩の権力者、島津久光役を演じるらしいです。

まあ彼らの演技力についてはわからないので、
観てもいないのに酷評するのはどうかと思いますが、
少なくとも「本職(俳優)ではない人を大役に起用している」
って点だけみても違和感は感じますね。

NHKが、なぜどぶろっくを
起用しようと思ったのかがわからないですw

これで視聴率を回復できると思ったのか?
それとも他に何か狙いでもあるのか?
あるいは予算等、もろもろの事情が絡んでいるのか?

など困惑するばかりですw


スポンサードリンク

スポンサードリンク

みんなの反応・感想は?

みんなの反応・感想を
twitterから拾ってまとめてみます。

などなど。

私はニュースを見た時、
「NHKは血迷ったか?」
「NHKご乱心?」

なんて思ったんですが、
ネットでの反応は、
「NHKは視聴率を諦めたのか?」
「冗談じゃなかったのか?」

などの感想が多いみたいですね。

ただ、好意的にとらえている方はほとんどいませんね。
どちらかといえば「苦笑」って感じw

まあどぶろっくの登場シーンだけが、
花燃ゆのすべてじゃないですが、
結構重要そうな役どころだけに、
彼らの起用に関しては今後も物議を醸しそうですね。

どぶろっくの登場までまだ時間がありますので、
それまでにドラマの視聴率を底上げできれば、
大した影響は出ないかもしれませんが。。。

どぶろっくが出演する
6月21日(日)の放送(第25回)は、
ある意味注目かもしれませんね。




スポンサードリンク

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい



『最後までお読みいただきありがとうございます。 もし、こちらの記事を読んで参考になったと思って頂ければ、 下のSNSボタンでシェアをしていただけると嬉しいです!』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 又吉直樹火花
  2. ヘイヘイヘイ20周年大感謝祭
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。