ご飯にかけるギョーザが話題らしいがお取り寄せできる?

この記事は3分で読めます

「ご飯にかけるギョーザ」なる商品が話題らしい。
餃子といえばご飯にのせて食べることはあるが。。。

なんてくだらないことはさておき、
人気になっているようなので、
通販でお取り寄せできるかどうかも
合わせてちょっと調べてみます。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

ご飯にかけるギョーザとは?

餃子といえば、
栃木県宇都宮市と静岡県浜松市で
消費量全国1位を争っている
わけですが、
全国的にも人気の料理ですよね。

で、この「ご飯にかけるギョーザ」は、
栃木名物の餃子をモチーフにした調味料だそうです。

原料は栃木産のおから、ピーナツ、にんにく、玉ねぎにラー油と酢など。
驚くのは餃子のタネは入っていないということ。
にもかかわらず、なぜか
味は餃子そっくりという不思議な商品なんだそうです。

食べるラー油ってのが以前流行りましたけど、
それに近い感じなのかな?

販売元は?価格は?

「ご飯にかけるギョーザ」の販売元は、
ユーユーワールドという会社です。

そして気になる価格は、
110gで標準価格(?)が454円だそうです。

ユーユーワールドについては聞いたことないですが、
価格に関しては、
特別高い商品というわけでもなさそうですね。

累計50万個以上販売の人気商品

私はは存在すら知らなかったんですが、
「ご飯にかけるギョーザ」は超人気商品だそうです。

どれくらい人気の商品かというと、
昨年夏の発売以来、
累計で50万個以上も販売しているそうです。

この手の食材(調味料)って、
通常どのくらい売れれば大ヒットというのか
よくわかりませんけど、
50万個というのはかなり多いんじゃないですかね?


スポンサードリンク

スポンサードリンク

「ご飯にかけるギョーザ」はお取り寄せできる?

この「ご飯にかけるギョーザ」。
通販などでお取り寄せできるんでしょうか?

見つけた記事によれば

ネット上で話題となって注文が殺到し、
入荷まで1か月待ちだった時期もある

ということだったので、
売り切れ・品切れが多いのかと心配したんですが。。。

いつものように楽天とamazonで確認してみました。

・楽天市場
商品検索したら普通にありましたw
といいながらも、
売り切れになっているお店もいくつかありましたね。

(楽天での)販売店は多数ありましたが、
一例として商品リンクを貼っておきます。
※いくつか商品リンクを貼りますが、楽天市場内の販売店が違うこともありますのでご容赦ください。

他にも3個セットとか4個セットで
販売しているお店もありました。

それからこの「ご飯にかけるギョーザ」には
スタンダード(黄色ラベル)の他に、
うま辛(赤ラベル)があるようで、
この2種類のセット販売もありました。

・amazon
続いてamazonでも探してみました。
なんか価格が気になりますが。。。

amazonも普通に在庫はあるみたいですね。
特に在庫状況は心配ないのかな?

当ブログでは楽天・amazonを基本に
ネット通販できるか調べてますが、
他にも通販で購入できるサイトはあるかもしれません。

またお近くのスーパーなどで
販売されている可能性もありますので、
買い物ついでに探してみてはいかがでしょうか?
※栃木県周辺だけかもしれませんが

類似品もありました

楽天で商品を見ていて気付いたのですが、
「ご飯にかけるギョーザ」とは名前が違う
いわゆる類似品もいくつか販売されてました。

類似品といえども普通に販売されている商品なので、
別に問題なく食べられるでしょうが、
「購入間違い」にはご注意を。

ここまで紹介してきた商品は
「ご飯にかけるギョーザ」です。

楽天で見かけた類似商品名で言えば、

・ご飯にかけるギョーザの具
・ご飯にぶっかけギョーザ
・ご飯にのっけて餃子
・かけてのせてギョーザ

などなど。
繰り返しますが、これらの商品が粗悪品ということではありません。
また、私はどの商品が「元祖」なのかもわかりませんが、
ヒットした商品は必ずといっていいほど、
後追いで類似商品が出てきますから、
仕方ない面もあるでしょうね。

「ご飯にかけるギョーザ」のアレンジ法

「ご飯にかけるギョーザ」は商品名の通り、
基本的にはご飯にかけて食べるものですが、
他にもアレンジして食べる方法があるようです。

一例を紹介しますと、

・ラーメンやうどんの具に
・野菜炒めのたれに
・冷奴にかけて
・ギョウザのたれに

など、工夫次第で色々楽しめるようです。

皆さんもオリジナルのアレンジを模索してはいかがですか?




スポンサードリンク

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい



『最後までお読みいただきありがとうございます。 もし、こちらの記事を読んで参考になったと思って頂ければ、 下のSNSボタンでシェアをしていただけると嬉しいです!』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 水信玄餅
  2. 茂木和哉
  3. 百田尚樹殉愛の真実
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。