幕が上がる ももクロ主演映画公開直後の感想をまとめてみた

この記事は5分で読めます

ももクロ主演映画「幕が上がる」が
本日2/28に公開されましたね。

公開直前には「これでもか」っていうくらい
番宣でTV番組にももクロが出演してましたけど
その効果はあったのか?
気になったので公開直後の感想をまとめてみました。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

幕が上がるとは?

幕が上がるについては
過去に記事にしていますので
そちらを参照ください。

(関連記事)
ももクロ主演映画「幕が上がる」のロケ地がほぼ静岡らしい

かなりざっくりいうと、
ももクロが主演で、
弱小高校の演劇部が、
元学生演劇の女王だった新任教師とともに
全国大会を目指すという学園ものの映画
です。

映画公開前の番宣出演がすごかった

映画やドラマなどが始まる前に
出演者が各局の番組に番宣で出演
することってよくありますけど、
ももクロの出演番組は結構多かったですね。

ここ数日はどのチャンネルでも
ももクロの姿をみることが多く、
「これにもももクロ出てんのかよ」
って感じるほど。
さすがにここまでヘビープロモーションされると
私は食傷気味www

まあ、ももクロファン(モノノフ)なら
沢山出演してた方がうれしいんでしょうけどね。

それはそうと、
この手の「番宣」って、
どの程度、観客動員数や視聴率に
効果があるんでしょうかね?

情報を知らなかった人が
番組で番宣(告知)を観て、
その映画やドラマの存在を初めて知る。

こういう人たちをターゲットにして、
興味を持ってもらおうって狙い
なのかもしれませんけど、
昔なら効果があったかもしれないけど、
今はネット社会。

TVで番宣しなくても、
それまでに情報は広く出回るから
興味を持ってくれる層と、持たない層の
篩(ふる)い分けは済んじゃうような気もします。

私は広告(宣伝)効果に詳しいわけじゃないけど、
「TVで番宣観たから映画を観に行こう」
とはならないですね。

でもそれなりに効果が見込めるから、
今でもTVで番宣ってやるんでしょうけどね。

あと一つ疑問点。
こういう番宣ってどうやって組まれてるんだろう?

通常、番宣したいのはプロモーターや所属事務所。
でも番組に出演すれば、出演料(ギャラ)が発生するはず。

普通に考えれば、
番組に出演させてほしいと願うのは
出演者の所属事務所側なのに
番組サイドは出演させたら
その人にギャラを払わなければならない。

一体番組サイドに何のメリットがあるんだろうか?
と思うことがあります。

普段は出演依頼を出しても
番組には出てくれない人が
番宣なら出演してくれる、とか
その人が出演すれば視聴率が見込めるとか、
あるいは出演料が格安になるとか、
もっと進んでノーギャラでいいとか、
そういう感じなのかなあ?

どなたか知ってます?


スポンサードリンク

スポンサードリンク

幕が上がるの感想をまとめてみた

大分前置きが長くなってしまい
申し訳ありませんwww

ももクロ主演映画「幕が上がる」
公開直後の世間の感想をまとめてみます。

映画公開前の試写会を観た方の感想も
混じってしまうかもしれませんが
ご容赦ください。

などなど。
公開初日でも結構な数の感想が飛び交ってます。

これらの感想はモノノフが中心
かもしれないですが、軒並み高評価のようですね。
モノノフ以外の方が観ても楽しめる作品
という声もありましたし。

また2回以上映画を観ている人もいるようで
初回では見落としてた部分を理解できた
なんて感想もありました。

一方でこんなツイートも

この情報が真実なのか嘘なのか?
これだけでは判断しかねますが、
気になるツイートを発見しました。

実際に映画を観に行った方は
それぞれの映画館の混み具合で
なんとなく人気度がわかると思いますが、
実際どうなんでしょうかね?

観客動員数に関しては
もう少し待てば出ると思いますので
様子を見てみましょうか?

先日公開された「テラスハウス クロージング・ドア」
公開1週目で1位になりましたけど
「幕が上がる」はどうかな?

(関連記事)
映画テラスハウス劇場版の感想をまとめてみた【ネタバレ注意】

(3/6追記)
初週は当該期間の観客動員ランキングで5位
興行収入ランキングで4位だったみたいです。
3月1日時点で興行収入は1億3407万1,925円
観客動員数8万1,109人とのこと。

テラスハウス劇場版がまだ上にいますので、
テラスハウスほどの結果ではなかったということか?

「幕が上がる」のドキュメンタリー映画も公開決定?

映画「幕が上がる」が公開されたばかりですが、
早速、この映画の裏側に迫った
ドキュメンタリー映画の公開が決まったようです。

ドキュメンタリー映画のタイトルは
「幕が上がる、その前に。彼女たちのひと夏の挑戦」
3月11日より全国公開されるそうです。

この作品は「幕が上がる」の撮影に挑む
5人の姿に密着した約400時間の記録映像をもとに
編集されたドキュメンタリーだそうです。

もし、本編が大コケしてたとしたら
こっちも危ういですが、どうなるでしょうか?

多くの絶賛ツイートのほうを信じたいですが。。。




スポンサードリンク

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい



『最後までお読みいただきありがとうございます。 もし、こちらの記事を読んで参考になったと思って頂ければ、 下のSNSボタンでシェアをしていただけると嬉しいです!』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ぐるナイゴチ15
  2. くぁwせdrftgyふじこlp
  3. 信玄餅クレープ
    • 百田舞台挨拶でみてきました
    • 2015年 3月9日 17:54

    私はかなこ推しにも関わらず、モノノフをやめそうになるぐらい退屈な内容でした。

    • 管理人
    • 2015年 3月9日 20:06

    コメントありがとうございます。

    そうだったんですか。
    特に偏った感想だけ拾ったわけではないんですが。。。
    貴重なご感想ありがとうございます。

    • 百田舞台挨拶でみてきました
    • 2015年 3月10日 16:26

    管理人様が興味ありそうなデータとして、
    映画運営者側が自ら言ってた内容、
    3/9日の時点で動員数13万人、
    ↑この中に2回以上鑑賞してるモノノフ信者が結構いる。
    大阪府枚方市くずはモールという中規模都市で、
    当日券は余裕であった
    (但し最終的には席の埋まりは95%以上)。
    チケット落選祭りがよくいわれるももクロにしては、
    控えめな盛り上がりぶりですね。

    私には映画内容は本当に退屈でしたが、
    ももクロ百田登場のときはやはりとても興奮しました。

    • 管理人
    • 2015年 3月11日 10:59

    コメントありがとうございます。
    そして情報提供感謝します。

    コメントから察するに、
    当初の予想よりは盛り上がってないってことですかね?

    映画の感想に関しても「退屈だった」というコメントを
    立て続けにいただいてますので、
    モノノフによる過剰反応だったのかな?
    感動するしないは人それぞれですけど。。。

    私の記事でも触れてますが
    リピーターが結構いるようなので
    純粋な動員数で考えれば
    大コケとは言わないまでも
    そんなに入ってないってことなんでしょうかね?

    「何度も観たい」って思う人がいる
    という事実も評価するべきなのか
    難しいところですが。。。

    • 百田舞台挨拶でみてきました
    • 2015年 3月16日 12:53

    返信に時間が掛かってすみません。
    リピーターは毎回チケットを買ってくれてるはずなので、同じ人を二度来させるのも評価すべきでしょう。
    AKBは握手権や投票権とやらで、一人に同じCDを複数枚買わせてるんですから。
    これも戦術のうちなんでしょうね。

    私は映画についての金回りはあまり理解してないんですが、ネットの偏見のない評価では、「ヒットではないがコケずに済んだ」。
    まずまず、可、ってぐらいの興行成績らしいです

    • 管理人
    • 2015年 3月16日 21:17

    再訪、そしてコメントありがとうございます。

    確かにAKB商法を考えれば
    モノノフによる二度見、三度見ってのも有効ですね。

    いくらファンでも面白くなければ
    2時間前後の映画を何度も観ようとは思わないでしょうしね。

    動員や興行収入については、どの程度を見込んでいたのか
    私も分かりませんので大コケって程じゃないなら、
    想定の範囲内というか許容範囲内だったってことですかね?

    貴重な情報ありがとうございます。

    • ウォッチャー
    • 2015年 3月17日 10:33

    興行収入がある程度の数値になっているのは
    全国127館での舞台挨拶や場所によってはミニライブをつけての
    ライブビューイングを3500円で売った分などが支えています。

    しかし通常回に関してはかなりお寂しい状況で
    初日からモノノフ自身のツイッターで
    空席ばかりの映画館の写真をかなり見ました。
    コケかコケでないかでいうとコケだと思います。

    本当なら全館舞台挨拶で終了のはずがそこでしか動員できてないため
    急遽映画本編とももクロのテレビ番組映像との2本立てを
    3000円で実施することになり
    全国19箇所ライブビューイングが決まりました。

    そしてこれで終わりかと思ったらまだ足りないらしく
    4月11日まで上映し一番応援してくれた映画館で
    舞台挨拶をすることを発表しています。

    次から次へとモノノフ頼みの施策が飛び出すようでは
    表向きヒットと言いながら内情はかなり厳しいとみえます。

    実際に見に来ている観客も一人のモノノフが複数回、
    見たところ3~4回は最低ライン
    10回見ているモノノフが多数派になりそうな勢いです。

    そこまで頑張っても最終的には興行収入の大半が
    舞台挨拶時の収入になりそうな感じで
    ここまで異例な興行というのは歴史上見ないんじゃないでしょうか。

    • 管理人
    • 2015年 3月17日 14:52

    コメントありがとうございます。
    そして詳しい情報のご提供ありがとうございます。

    実状ってのは行った人にしかわからないものですね。
    公表されてる情報が如何に都合よく操作されているのか、
    ってのを痛感させられますw

    まあ映画に限らず、
    CDの売り上げとかもそうなんでしょうけど。

    「大人気」とか「今売れてます」
    なんて煽られて、顧客がお金を払う。

    それが結果的に売り上げにつながって
    それっぽい数字になる
    なんてプロセスなのかなあ?
    なんて考えさせられますwww

  1. この記事へのトラックバックはありません。