IEがノートン原因で不具合 世間の反応

この記事は3分で読めます

ieノートン原因で不具合

IE(インターネットエクスプローラー)が
突然強制終了してしまうという不具合が発生しているようです。

どうやらセキュリティソフトの
Norton(ノートン)のアップデートが
原因でおこった障害のようです。

現時点では解決方法について
明らかになっていないようですが
世間の反応をまとめてみます。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

どういう場合に不具合になるの?

IEが起動できない、
あるいは強制終了してしまう、
という現象はどういう人に起こっているんでしょうか?

どうやら、
・ブラウザがIEである
・セキュリティソフトにノートンを使っている
という条件を満たす人に障害が発生しているみたいです。

私もIEは使っていますが、
セキュリティソフトはノートンを使っていないので
問題なくIEは動いています。

仮にノートンを使っていてIEが動かなくても
firefoxやgoogleクロームも入れて使っているので
「インターネットを完全に利用できなくなる」
という状況にはならなかったと思いますが。。。

ただノートンもセキュリティソフトでは有名ですし、
IEも利用者はいまだに大勢いるでしょうから
その被害状況はかなり大きなものと
なっているんじゃないでしょうか?

不具合(障害)に対する世間の反応

現時点では不具合に対する解決方法が
見つかっていないようなので、
世間の反応はどちらかといえば
「動かない。困った。」
的なものが多いです。

新しいものから拾っているので、
時系列が逆ですがご了承ください。

などなど。
中には不具合の原因がわからず
IEを再インストールしてみたり
再起動したりしてチャレンジしたけど
結局直らなかったなんて方もいますね。

あと、上記ツイートの中に
「対処法はこちら」
みたいなものもありますが、
私は確認していないので
その情報を信用するかどうかは
自己責任でお願いします。

いずれにせよ、
日本国内だけじゃなくて
世界的に被害者(?)が出ているとしたら
影響は相当でかいですね。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

IEとノートン、どちらが悪い?

不具合(障害)発生の原因を考えると
ノートンのほうが分が悪いですよね?

ノートンのアップデートが原因で
IEが使えなくなったわけなので。。。

マイクロソフトにも問い合わせが殺到しているのか
わからないけど、だとしたら彼らも被害者か?
(いい迷惑って意味で)

この不具合を解消するためには
当然ノートン側がIEに重大な影響を与えない形で
アップデートプログラムを作り直さなければ
いけないってことになるんだとおもうけど、
すぐに作れるのかって問題が気になりますね。

それにPC詳しい人ばかりじゃないだろうから
解決方法が見つかって、
どうすれば修復できるのかってやり方を
該当者全員に説明するのも大変だろうね。
HPとかに一文載せれば済むって話でもないでしょうから。

ってかIEしか使えない人は
そのHPすら閲覧できないわけでwww

とにかく、運悪く不具合にぶち当たってしまった人は
自己流で下手にいじったりせずに、
公式に対処法が発表されるまで
待ってた方がよさそうな気がします。

どうしてもネットを利用したい場合は?

そうは言っても、
「いつ直るかわからないんじゃ困る。」
「すぐネットにつなぎたい」
っていう人もいますよね?当然。

ではどうすればいいか?
PCならIE以外のブラウザをインストールすれば
そちらを起動させて利用できるますよね?
だからそんなに難しい話じゃないと思います。

スマホ環境ってどうなんでしょう?
IE以外も使えるようになってるのかな?
私はいまだにガラケーなんでわかりませぬwww

IEしか使えないなんて仕様だとしら
復旧するまで使えないことが確定しちゃいますね。

PCと同じで別ブラウザをインストールできるなら
すぐ使えますね。

責められるべきはノートンかもしれないけど
結果的にIE離れが進んじゃったら
マイクロソフトも痛いですね。

(トップ画像:はがないジェネレーターで作成)




スポンサードリンク

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい



『最後までお読みいただきありがとうございます。 もし、こちらの記事を読んで参考になったと思って頂ければ、 下のSNSボタンでシェアをしていただけると嬉しいです!』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 将棋
  2. 株式会社闇って
  3. ケサランパサラン2
  4. 筆談ホステス区議
  5. お見舞い生花
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。